【東南アジアバイク旅】

東南アジアをバイクで走ってみました

【東南アジアバイク旅】《ダナンの海、ハト、耳かき、ビリヤード》


今日もあの《VIP》ルームで起床です

 

 

 

VIPルーム言うても1泊750円なんで、そんなにVIPじゃないですよ

 

ベットの横にある電話も受付に繋がらなかったし

 

友人が風呂入ろうと思って、バスルームの鍵閉めたら開かなくなったし

 

それで、受付のお兄さん呼んだら(もちろん電話繋がらないから1階まで行って)

 

 

 

「一体、なにをしたの?!」

 

 

って、ちょっと高圧的な感じにきたから

 

 

 

 

いやぁ 苦笑

、、、はいぃ 苦笑。

 

 

って感じなったし

 

 

f:id:inaba-shintaro-6221:20190102232708p:plain

 

 ですが

個人的には、ハノイよりもダナンの方が過ごしやすいです

 

道も広いし

治安もいいし

ご飯も美味しいし

海もキレイだし

 

 

ハノイもいいんですけど、ちょっと都会の喧騒が強すぎて、あんまり落ち着かないです

(旧市街は、常にクラクションの音が鳴り響いてます)

 

 友人ともう一度海に行きました

 

その時の映像こちら

 

youtu.be

 

 

f:id:inaba-shintaro-6221:20190103130039j:plain


 やっぱり綺麗ですね

 

 

 

 

ちょっと海沿いを歩いていると

 

白いスーツとウェディングドレスを来たカップルがいました

 

結婚するんでしょうね

 

記念撮影をしていました

 

ダナンの海を背景にして

 

 

 

 

しばらくすると、

 

近くにいたおじさんが笛を吹きました

 

ピーピー鳴らしてます

 

 

 

 

 

ハトがめっちゃ来ました

 

20匹くらいでしょうか

 

すごいです

 

 

 

ハトを自在にコントロールしています

 

そういえば、地元の公園にもハトをコントロールしていたおっさんがいた気がします

 

ですが、笛は持っていませんでした

 

 

 

 

どうやら、ハトが飛び立つ瞬間と2人を一緒に撮りたいみたいですね

 

 

 

 

 

撮れました

 

f:id:inaba-shintaro-6221:20190103231407j:plain



いいですね

 

 

 

 

 

その後は、ダナンにある

 

「全身マッサージ、ヒゲ剃り、眉毛剃り、爪切り、耳かきまでしてくれるお店」

 

に行きました

 

外見はこんな感じです

f:id:inaba-shintaro-6221:20190103131751j:plain

左のお店

 

 場所はここです

 

f:id:inaba-shintaro-6221:20190103132539p:plain


店名【SEOUL CẮT TÓC】

 

値段【300000ドンくらい=1500円くらい】

 

所要時間【2時間30分くらい】

 

内容は

 

全身マッサージ(両手、両足、背中、肩、頭)

髭剃り

眉毛剃り

爪切り(両手、両足)

耳かき

(耳かきってレベルじゃない なかなか本格的 取れた耳くそを見た時に「ええっ!」って言った 怖いくらい奥まで掃除する ベトナムにきて一番恐怖を感じたかも)

 

 

中の様子は

こんな感じ

 

f:id:inaba-shintaro-6221:20190103134143j:plain


 

f:id:inaba-shintaro-6221:20190103134052j:plain


 

f:id:inaba-shintaro-6221:20190103134222j:plain

 

 

2時間半くらいかけて、全部やります

 

終わったあとは、テーブルに座ってお茶を一杯いただけます

 

とてもいい感じでした

 

 

 

 

 

夜は 

私の友人がビリヤードが得意と言うことでビリヤードに行きました

 

f:id:inaba-shintaro-6221:20190102235224j:plain

 

日本のビリヤード人口よりも多いらしいです

 

ですが、友人曰く、そこまでめっちゃうまい人はいないらしいですけど

 

 

けっこうハマりそうです

 

なんかこっちのビリヤードの穴は日本と違うらしく

少し狭いみたいです

 

f:id:inaba-shintaro-6221:20190103001841j:plain

 

 

日本では球が2つ入るらしいです

日本の常連さん用の穴のサイズらしいです

ベトナムではこの穴のサイズの台しかありませんでした

 

 

 

 

 

友人とビリヤードをしていると

 

隣の台でやってたおじさんが話しかけて来ました

 

もちろんなにを言っているのかはわかりません

 

まず、友人がこんな感じで球を入れようとしていました

 

f:id:inaba-shintaro-6221:20190103222233j:plain

 

ですが

このおじさんは

 

「そうじゃない」

 

的なジェスチャー

 

そのおじさんは

 

 

f:id:inaba-shintaro-6221:20190103222321j:plain

 

 

「こう入れろ」って言って来ました

 

なかなか難しいです

 

友人が一回挑戦しましたが、失敗してしまいました


 

そのおじさんが

「こうだよ」

 

的な感じで

 

白い球を打ちます

 

 

 

 

コンっ

 

コンっ

 

 

 

 

 

 

 

はずしました

 

《2回目》

 

さっきよりも慎重に狙います

 

 

打ちました

 

 

 

 

 

コンっ

 

コンっ

 

 

 

 

 

やっぱりはずします

 

《3回目》

 

 

 

 

 

 

 

 

さりげなく、白い球をずらしました

 

 

 

見逃しませんでした

 

さっきよりも明らかに

 

白い球を下にずらしました

f:id:inaba-shintaro-6221:20190103223140j:plain

 

 

さっきよりも少し簡単にしました

 

 

 

 

もし、これでも入らなかったらどうしよう

 

なんか気まずいな

 

無理しなくてもいいのに

 

f:id:inaba-shintaro-6221:20190103222233j:plain

 

↑これでいいのに

 

 

 

f:id:inaba-shintaro-6221:20190103223140j:plain

 

なぜ、↑これ?

 

 

 

もうとっくに興ざめしてますが

 

このおじさんとしては

 

入れないと、終われません

 

男としてのプライドなのでしょう

 

 

あきらかに、40は超えていて

 

結婚指輪をしていました

 

妻も子供もいるのでしょう

 

 

このおじさんは、

ビリヤードを始めたての22,3の若僧に、自分の得意なビリヤードで負けるわけにはいかなかったのでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらく

 

 

いいところを見せたかったのでしょう

見栄をはりたかったのでしょう

 

自分から言い始めて、自分で入れられないなんて

通らないです

ちゃんちゃらおかしいです

そのことは、このおじさんも分かっています

 

 

 

 

 

 

 

ですが、

この人の無鉄砲な感じは嫌いじゃないです

自分だったら、こんなこと言えません

 

 

バスケットボールを6年間やっていたのですが、

 

フリースローを10本連続で入れてやるよ」

 

 

なんて言えません

 

 

勇気ある行動です

 

このおじさんくらいの自信が欲しいですね

 

見習うべきです

 

バカボンドの名言に

この世に強い人なんておらん 強くあろうとする人
おるのはそれだけじゃ 

 

ってのがありました

 

まさにそれですね(、、、それかな?)

 

 

 

 

さっきよりも慎重に狙ってます

 

なんだかこっちも緊張して来ました

 

すっごい入れて欲しいです

 

入らなかったら、本当に顔向けできません

 

もう、どのようにリアクションすればいいのかわかりません

 

 

緊張の3回目

 

 

打ちました

 

 

 

 

 

 

コンっ

 

コンっ

 

 

 

 

 

 

 

 

入りました

f:id:inaba-shintaro-6221:20190103225428j:plain

 

Youtubeとインスタグラムもやってます

よかったら、見てください

 

Youtube

https://www.youtube.com/channel/UCq3weMEUy5GTFnrRKvPDmEQ?view_as=subscriber

 

【インスタグラム】

https://www.instagram.com/tarouww1226/?hl=ja

 

次回は《クワンガイ》に向かいます